001
TECHNICAL 基礎・工法
地 盤
家づくりのベースとなる地盤は十分に調査します。調査によって安全に暮らすために的確な地盤改良を行い、しっかりとした土台をつくります。
基 礎
基礎工事は通気性と強度を兼備したコラムベース基礎工法を採用。コラムベース基礎は、ベタ基礎の上に円柱形の基礎を並べた工法です。最近の木造住宅に多く使われている布基礎は床下空間が分断されるのに対し、コラムベース基礎の床下は連続した空間になっています。昔の家と同じように床下の通気性が高く、木材を適切な乾燥状態に保ちます。
工 法
木造軸組工法(在来工法)を採用。本来持っている木の性質を活かして適材適所に配置します。構造計算によって全体の強度を高いレベルで保つため安心安全の住まいをつくります。次の世代も視野に入れた丈夫な強い家となります。
耐 震
木造軸組工法に加えて主要部を耐震金物でつなぐことにより、さらに地震に強い住まいになります。柱と梁を耐震金物でつなぐことで、点から面で一体化します。地震での変化やねじれにも強く、そこに床を面として耐震性を高めます。またユーホームズでは、通常3階建以上の建物でしか義務づけられていない構造計算を全棟で実施し、設計の段階から耐震構造に取り組んでいます。
断 熱
柱などの構造材の間に断熱材を充填する「充填断熱工法」を採用。断熱材はコストパフォーマンスに優れた繊維系断熱材(グラスウール)を標準仕様としています。身近にある物質の中でもっとも熱を伝えにくい「空気」を絡み合ったガラス繊維でしっかり固定させることで優れた断熱性能を発揮します。またAAA仕様として、充填断熱をした上で外張断熱を行う「付加断熱」にも対応しています。
気 密
気密を怠るとせっかく暖めた熱は隙間から外に逃げてしまいます。気密性の低い住宅=隙間の大きい住宅は、熱のロスがあるだけでなく、換気扇を回しても負圧が働かず、吸気と排気がうまくいきません。また、壁の内部に水蒸気が入り込むことで結露し、木材を腐らせることもあります。ユーホームズでは大工はもちろん、電気、配管など各業者に気密化工事を徹底させることにより高気密を実現しています。
住宅の性能を左右する大きな要因に開口部の性能があります。熱の多くが「窓」から出入りしています。開口部の性能を高めることは、健康で安全な暮らしのために必須の条件です。ユーホームズでは、健康な住まいの実現のために高性能トリプルガラス樹脂窓を積極的に採用しています。高性能の樹脂窓で住宅を高断熱化することで、エネルギー消費の削減はもちろん、住宅の温熱環境を改善し、快適な住環境を実現させます。
遮 熱
真夏の暑さなど、太陽からのエネルギーは物質に熱を与えます。熱を持った屋根や外壁材は触ることも困難なほどの熱になります。遮熱材タイベックシルバーを使うことで紫外線を75%〜85%反射します。一年を通して快適に暮らし、四季を楽しめる暮らしを実現します。